Company
Profile

会社案内

私たち森本倉庫は、『地域社会の発展に貢献する』という企業理念のもと、
倉庫・ビル事業を通して関西圏の経済を、人々の暮らしを、支えています。

IT

最新技術で構築した独自の情報システム

ISO 9001 マネジメントシステム登録証

森本倉庫は、最新のIT技術を導入した情報システムを構築。ソフト開発を自社内で行っているため、多様化したニーズにも迅速にお応えし、物流最適化実現に貢献しています。
また、ネットワーク(インターネットVPN)を駆使し、高度化するインターネット社会にも対応。各種物流情報を電子データとしてお客様にご提供し、きめ細やかなサービスを行っています。

森本倉庫情報ネットワークシステム(M-WINS)

ISO

品質システム規格ISOの認証を取得しています

ISO 9001 マネジメントシステム登録証

平成9年(1997年)森本倉庫はより高いレベルでの品質管理を目指して、国際標準化機構の品質システム規格ISO9002の認証取得に挑戦。輸出入貨物および国内貨物の冷蔵・普通倉庫業務と、国際一貫輸送取扱業務について、品質システムの維持・向上を全社的な目標に掲げ、平成9年(1997年)12月に認証を取得しました。
以降、ISOの品質が見直される中、平成14年(2002年)にはISO2000年版に伴うISO9001の認証取得。
また、平成29年(2017年)には経営者の役割が強化された2015年度版ISO9001の認証もいち早く取得しています。

高度な品質管理とハイレベルなサービスの提供また経営者のマネジメント力の強化は倉庫事業における当社の一貫した理念の実現であり、こうした姿勢に、顧客からの信頼と期待を大幅に高める結果につながっています。

AEO(特定保税承認者)

特定保税承認者として承認を受けています

特定保税承認者承認書

「特定保税承認制度」とは、日本版AEO制度(サプライ・チェーンに関与する貿易関連事業者全体において法令遵守(コンプライアンス)の体制を確立し、そのような取組みを行っている事業者に対しては簡易・迅速な税関手続を提供する制度)として、輸入者における簡易申告制度(平成13年3月実施)・輸出者における特定輸出申告制度(平成18年3月実施)につづき、「コンプライアンスの優れた保税蔵置場に対する制度」として平成19年10月より実施されたものです。

神戸税関による審査の結果、弊社の全ての保税蔵置場(生田川倉庫・新港倉庫・御影倉庫・六甲アイランド倉庫・阪神団地倉庫・住吉倉庫)において、貨物管理体制を十分に確立し、法令を遵守した保税蔵置場を運営している事業者であると認定され、平成20年(2008年)1月28日、弊社は神戸税関長より特定保税承認制度に基づく、特定保税承認者の承認を受けました。
神戸税関管轄では初の承認で、近畿・中国・四国地区でも第一号となります。
これを機に、今後も保税業務精度の維持・向上を図り、コンプライアンス経営の推進による社会貢献を果たしていきます。

Warehousing
Division

倉庫事業

常に時代を見据えた的確な総合物流サービスを

Real Estate
Division

ビル事業

神戸の街づくりに貢献する地域密着企業